日本とインドネシア 子供の絵の国際交流事業に参加しました!

10月21日~25日、インドネシアのチカランにある、マックスボックスオレンジカントリーの、リッポーモールにて、日本とインドネシアの交流展があり、アトリエ宮地からは10人の生徒の作品が展示されました。

 

写真の順に

吉田有埜ちゃん、許 心童ちゃん、大澤笑穂ちゃん

岩本 燈ちゃん、松田響生君、井手優希ちゃん

千歳 環ちゃん、福本遥香ちゃん

小宮山晴香ちゃん、山邉仁美ちゃん

 

私、宮地は現地に行ってまいりました。

チカランという所は、巨額の資金により街ごと新しく作られている場所で、凄い勢いを感じました。これから建物が建つ予定の更地はとても広く、会場になったモールはその更地の真ん中にありました。

 

https://www.nikkei.com/article/DGXLASDZ04H4U_U7A500C1TJC000/

 

 

オープニングセレモニーには、ASEAN大使夫人の須永さん(写真)のご挨拶もありました。NHKジャカルタ支局や、地元のテレビ局や新聞社も来らていました。

「みんな友だち ぼくの絵 私の絵」展覧会というタイトルで開催され、日本からの子供たちの作品と、インドネシアの小学校、インターナショナルスクール、日本人学校の子供たちの作品が、展示されていました。

墨絵の共同制作をお手伝いしてきました。

絵を描いたことがない子供たちがいることに驚きました。紙があれば、勉強に使うので、絵を描いたことがないそうです。絵を描けるということは、実は恵まれたことなのかもしれません。日本にいるだけでは、気づかなかったことに気付き、また、貴重な交流ができました。

 

今回、貴重な機会をいただいた、国際教育情報交流会の方々に感謝します!

2020年

5月

16日

再開のお知らせ

アトリエ宮地では、6月より、規模を縮小しての再開をいたします。
つきましては、一クラスを5人にするために、

今まで水、木、土だったクラスを、火、水、木、土、日に

時間帯も少し増やします

また、6月以降は完全予約制としますので、ホームページの予約フォームからお申込みいただくか、分からない場合はお電話やメールにてご予約ください

7月まではこの日時で開催し、また今後の夏休みの動向などを見て、それ以降の予定を決めたいと思いますので、よろしくお願いします。